XGworks4はVISTAで動く&KORG M3 XPANDED

KORGよりいよいよ9月中旬あたり
ピアノロールやら新機能満載の M3 XPANDEDが発売される☆

そして 現行M3所有者もM3 XPANDEDに無償アップデートできるという太っ腹な話。
なにがすごいってマイナーアップデートじゃないんですよー!?
・ピアノロールモードを搭載するのでタッチパネルでピアノロールを操れる
・トラックビューモード(シーケンサで最初にでてくるあの画面ね)搭載
・音色数はM3の2倍以上に。640MBほどになるのだとか。こりゃすごい☆
・Karma機能拡張(なにがどうなるかいまいち?だけど)
・タッチビューのエディティングがしやすくなる
・メモリオプションを搭載しておかないと音色読み込みできない場合が発生するらしい
いやはや、上位機種として販売してもおかしくない内容。
M3は本当に久々のヒットシンセです☆
アップデートが待ち遠しいなー。
そうそう、256MBのメモリ増設をしないと全音色読み込みできず一部を読み込みながらという
面倒なことになるようなので、早速KORG純正メモリEXB-M256を購入しました♪
しかもセール中最後の一点ということで9800円で購入☆
通常は\16800なのでかなりお得な買い物ができたなーと。

さて、今のうちに作った音色やらをバックアップしておこうー。
・XGworks4について
そう、XGworksSTはVISTAに入れるとピアノロールがうまく表示されないという謎で
使えない状態。あまりにSMFをまともに吐き出せるソフトがなく困っていて
XGworks4をひっぱりだしてきてインストールしてみると・・・。
問題なく動いた(MAC PRO + BootCamp)!!! MIDIドライバも問題なく認識されてる☆
これでWindowsでのMIDIファイル整えも再び可能に☆
DPだとMACなわけでWinにしかない端末コンバータを通す仕事のときに
ちょっと面倒だったりするので助かりました☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です