Real Strat、Guitar、LPCがMAC64bit対応と感想&pianoteqが大セール価格♪

Real Guitar 2.3

Real LPC1.1

Real Strat1.2

それぞれMAC OS X 10.6にて64Bit AUに対応しました♪
もちろんWindows7でも64bit対応。
無償アップデートなので早速更新してみることに。
で、いつもの通りLogic9.0.2(32bit)でAUマネージャにかけると…
あれ? Real Stratだけ検証エラーに(+_+)
何度やってもエラーなので
とりあえずパソコンを再起動。
で、もう一回9.0.2を立ち上げてみると無事検証クリアしました♪
どういう理由かはわからないのですが、スタンドアローンはインストール直後に
立ち上がったので、インストールの問題ではない様子。
その後、64bit Logic9.1.3を立ち上げると起動時にプラグイン検証が始まります。
つまり32bit版は9.0.2で登録、64bit版は9.1.3で登録というわけです。
昔の曲を開くときには32bit版も必要になってきます。
3つのソフト、9.1.3 64bitの検証完了になぜか10分ほどかかりました。
一見フリーズのようにみえますがちゃんと検証完了まで進むので
焦らずコーヒーブレイクでもいいかも。
なにはともあれ、64Bit対応はとてもありがたい♪
その他何気にArturiaのAnalog Factoryが検証エラーになってました。^^;
まぁ、使わないので放置ということで…。(笑)


そしてPianoteqがついに値引き開始♪
Pianoteq Play 期間限定特価
Mac OS X、Windows対応 定価:¥14,700(本体価格:¥14,000)
特価:¥9,660(本体価格:¥9,200)
Pianoteq 期間限定特価
Mac OS X、Windows対応 定価:¥49,140(本体価格:¥46,800)
特価:¥27,300(本体価格:¥26,000)
とのこと。
気にはなっていたものの、Ivoryで満足しきっているので購入しなかったのですが、
さすがに安いので購入してしまいました。^^;
いくつかのソフトバリエーションがあるものの、このソフトはパラメータをどれだけ
さわれるかで値段を分けていて、音色数の束縛がないという珍しいメーカー。
とりあえず、Pianoteq Playで充分そうな雰囲気。
DL購入なものの、購入手続き後、実際にDLできるまでに2-3日かかるそうな。
GWだし、気長に待とうかなと♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です