Mac Book Pro 2012修理から戻ってきた+新型Mac2013とDTM

Mac Book Proもどってきました。

やっぱりロジックボード(Windowsでいうマザーボード)が
やられていたようです。
保証期間内なので無償ですが、
有償だと5万以上はとられそうですね…。(ー_ー;)
ちなみに2日で戻ってきました。
Appleの修理の早さは健在のようです!!
この速度が保証されていれば大替PCいらなくなるかもです。
まぁ無茶ですよね…。
仕事道具として使う以上MAC二台持ちはマナーかも。(><)
とにかく2012モデルの左側のUSBやらTBやらの差し口付近は
異様な熱を持ちます。
使う際はここの冷却を忘れずに。

その一方、確実に据え置き的な使用ではなく、過酷な使用を
しているMac Book Airは問題なく動作しているんですよね。
出張にも持って行くし、仕事先でのメモにも利用してます。
新型Mac Book Air 2013はバッテリーが長くなったという利点が
とっても気になりますが、
現段階ではメモリが少ないというのが一番気になります。
標準8GBはのっていて欲しいなぁと。
HDDの容量は256GBあたりが標準になってくるといいですね。
この二つの条件が整ったら乗り換えようと思ってます。

しかし、今回の2013モデル、ちょっと高い…。
もうちょっと足すとMac Book Pro 13インチあたり買える勢いという…。
そして年末?に発売されるであろうMac Pro。
まぁコンセプトは想像通りというか。
形は斜め上を行きましたね。
新デザインは構造上のトラブルもありうるので、すでに自分の中では
1モデル見送り想定してます。(^_^;A
現状、Mac Book ProにTB HDDつけるというのが最強すぎるのです。
FWもついてるしDTMにもってこいなんです。
それに地震のとき持って脱出でき、その後データの確認なんかも
ノートならできちゃうという。こういうご時世なのでここ重要です。
Mac Proに乗り換える必要性があるとすると…価格が安い!!
となるときですね。
外付け拡張性は良いのですが、いちいちTBから変換する部品を調達しないと
いけないことを考えると…。

それにしてもスタジオどうしようという感じです。
MAGMAシャーシしかないじゃないですかー!!(T-T)

シャーシ買うだけで10万以上するのなら
今までのMac Pro筐体のが断然良いんです。
「スタジオに据え置く場合は」ですが。
悩みの種ですねー。(´・ω・`)=з

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です