Logic Pro X 10.4.2でメロダインがARA対応!!!早速アップしてみた!

なんとLogic Pro X10.4.2無料バージョンアップで
あのピッチ補正ソフトメロダインがARA対応!
以下の機能がLogicに付加されます。
・インサートエフェクトとしてMelodyneをロードし、再生を開始するだけで、トラック全体がMelodyneに自動的に表示されます。
・ Melodyneはその内容をオーディオトラックの内容と比較し、リージョンの伸縮、動きを忠実に再現します。
・リージョンをコピー、ループ、複製すると、Melodyneの内容は、状況に応じてリアルコピーまたはゴーストコピー(エイリアス)として動作します。
・ Melodyneを使用して編集されたリージョンは、Logicのリージョンインスペクターのミックス機能すべて(リージョン、ゲイン、ミュート、フェード)に対応するようになりました。
・テイク選択の_前_にMelodyneを使用してテイクを編集できるようになりました。それぞれのメリットをより現実的に評価できるため、より優れた結果が得られます。
・ARAにより、プロジェクトのアーカイブ化や共有時に転送ファイルについて心配する必要はもうありません。
で早速どちらもアップデートしてみました!
Logic Pro X 10.4.2は他にもいくつか追加された機能があり、より便利に。
印象的だったのはセンドフェーダーが搭載されたことですね。Protoolsっぽいです。
メロダインはARA対応版と通常両方がプラグインリストに出てきます。
Logic標準のピッチ補正はどうにも精度が甘い
(小さい音を拾わないのと補正の仕方で音程がぐちゃぐちゃに)
ので今回のアップデートは本当神がかってます!
もはや現行Logic Pro XとStudio One二強と言って良いかなと。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です