ESET Smart Security V5.2 にてWindows7から8へアップグレードしたときのトラブル

WIFI電波は良好なのにインターネットに接続できない。
そんなWindows8のトラブル解消方法をご紹介。
Windows7からWindows8にアップグレードしたPC。

しばらくは元気でした。
ところが数日前のWindows Updateから急にインターネットアクセス
できなくなってしまったのです。
何かしら、Windows Updateに不具合があったのだろうと
復旧ポイントにて戻してみても時既に遅し。
WIFIは正常に電波を受けているんですが、ネットには繋がらない。
ところが不思議なことに、
Windows8の右上淵から検索を選んで、コマンドプロンプトを立ち上げ、
Pingを打ったりipconfigを打ったりするとちゃんと接続できていることが
わかるんです。
DHCPサーバの取得もできてるし、DNSも問題なし。
アドレス、マスク、ルーター、すべての設定は合っている。
Windows8の診断機能でも問題ないと出ます。
でも繋がらない。有線ですら!
いよいよ、WIFIと有線LAN端子がまるで必然かのごとく
同時刻に昇天されたのではないかと考えはじめた矢先の出来事。
不意に思い出してしまったのです。
本当に旅立たれてしまったあのウィルスキラーさんのことを!!
ESET Smart Security V5.2 を試しにアンインストールしてみると…。
備後!! いやビンゴ!!
まさにこのソフトでした。
アンインストール前に立ち上げていたIEのMSNページに!?
おばまさんの顔がドンッ
…。
http://canon-its.jp/supp/eset/etpc40111.html
早速IEでESETのページを見てみると、書いてありますねー。
しかも、このページ、
今のところWindows8でうまく動作するか分からない感じが文体から伝わってきます(><;)
ESETのアンチウィルス機能とファイアウォール機能は無効にして試していたので
これが原因だと疑うの、難しいですよね…。
さて、ということでもう一度まとめると、
PING、ipconfigコマンドを使っても異常なし、
WIFIは電波良好で接続できているという結果が出る。
Windows8のネットワーク診断機能で異常なしと出る。
有線でも現象はかわらない。
なのに、インターネットには繋がらず、ページを見れない場合は
インストールしている市販ウィルスセキュリティソフトが悪さをしている可能性がある。
※プリインストールされていて利用していないセキュリティソフトも考慮する必要性がありそう
暫くはWindows8標準搭載機能のファイアウォールとアンチウィルス機能でしのぐことに。
ESET二年分買ったばかりなんだけどなー。
ウィルスキラーさんといい、今年はウィルスセキュリティ厄災ですか!?
まぁ、直ったのでよしとします。
以上 備忘録でした♪

さて、引き続きこのPCでやらなければいけない作業を終わらせねば。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です