Cubase5でSONAR8付属D-PROなどソフトシンセを動かしてみた結果☆


Cubase5で仕事中にD-PROのBell音を使いたくなり、立ち上げてみることに。
立ち上がりは問題なく、普通に音もでるのだけど、なぜかピアノロールに
打ち込んだデータを再生させると必ずサスティンペダルを踏んだような
状態になって音が伸びてしまうという現象が。
最初は何かそういう情報が間違って入ってしまっているのかと思ったのだけど、
特にそういうわけでもなく、その他のメーカーのソフトシンセ(Kontaktなど)では問題なし。
うーむ・・・なんだろう???
たまたま同音程単音だったので、無理やりフェードインアウトを使ったから今回はよかったものの、
次回はそうもいかないなと。
ちなみにTrue PianoをCubase5で起動するとこれはSONAR専用のプラグインですと
出るようになった!!!
むむむ、ついにCakewalkも対策をしてきたか!!
まぁ、Cubaseの標準VSTiは現在他社DAWで起動できないようになっているからなぁ。

Follow me!

Cubase5でSONAR8付属D-PROなどソフトシンセを動かしてみた結果☆” に対して1件のコメントがあります。

  1. abokdao より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    自分もCubaseでD-proを使用して、音が間延びしたので
    解決策は無いかと思って、調べているうちにここにたどり着きました。
    やっぱりそういう仕様なんですかねぇ・・・困りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です