BrassとAnalog Factory 2.0をLogicで使うと。


Arturia製品のなかで、
Brassというモデリング音源がなぜかMACOSX10.5.8のLogic8.0.2で動かない。
まぁ、いいかなーと思ったりしてるけど、なんだかなーと。
アップデータは最新をあてているのだけど、あまりアップデートもされていないようで。
こういう奇妙な音源は好きなんですけどね。(^_^;)
Analog Factory 2.0は最初使えるなーと思ったのだけど、すぐに使わなくなりました。
理由は立ち上がりが「重い」からです。(^_^;)
LogicでAnalog Factory 2.0を使った曲を開くともう開くときにロードが長いのなんのって。
それが第一の理由。第二の理由はARP2600VやCS-80V
やMoog Modular VやProphet-V、Jupiter-8V、Analog Factory Minimoogが
ロード時間もかからず、なにより細かいエディティングを行えるので
こっちを使ったほうが手っ取り早いという…。
各ソフトの音色の傾向を覚えてしまえばOKです。
いや、10 YEAR SUITE購入してほんと助かった☆
この音源集はすごく魅力的ですよ♪
今はV Collectionの選択肢になったわけだけど、
これでも十分すぎるような内容ではないかなと。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です