Baby face Pro登場! と  System-1ソフトシンセ版販売決定…。


いよいよ、登場するBaby Face Pro !
そして、Baby Faceはディスコンになってしまいました。
価格差がすごいことになってますね。
最安時代は6万円強、Proは10万近い。
10万近い金額だと、さすがにミドルエンド感。
問題はどれくらい音質があがったのか。
システム安定度や旧来のBaby Faceは音質も良かっただけに
気になるところ。
どちらかというとそろそろMac Book ProのCPU、メモリ32GB対応など
PCの底上げを期待したくなりますが…。^^;
そういえば、AIRA SYSTEM-1 Software Synthesizerが出る様子。
なんと、SYSTEM-1のソフトシンセ版。
ソフトウェアのみの購入ユーザーには有料販売でいいと思うんですが、
既存の実機SYSTEM-1ユーザーも有料販売っていうのがどうかと。
実機買った意味…。
実機売ってしまおうか絶賛悩み中です。
どうせならJD-XAのがいいしなぁという。

しかし、JD-XA 27万円って高いよ…。
せめて、10万円代にならなかったのか…。
V-Synthみたいな変態シンセなら興味そそるんですけどね…。

実機System-1ユーザーにもう少し手厚い保護を…。
Rolandさまお願いしますダァ…。>_<

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です