ADAM A3X 購入して使用してみました♪ A3Xレビュー

ADAM A3Xを導入してみました♪
感想などを〜(^^)

ADAM 価格上がりましたね…。
A3Xってこんなに高かったっけ?
というのが最初のイメージ。
A7Xを買ったときに値上げ前みたいなことを言っていたような。

A7Xは今や14万円あたり。
値上げ前にA7X購入した際は10万〜11万だったような。
A3Xはあまり売れていないのかまだ旧価格在庫ショップがあったので
そちらで購入。
5万円台でした!!
5万円ならYAMAHA MSP5と良い勝負なんだけれど。(>_<)

今はMSP5 ペア価格で4万円台前半。
こちらは安くなりました。
ちょっと迷いましたが、MSP5の音は解像度面で一世代前のサウンドのような
気もしてきたのでA3Xに落ち着きました。
A3Xはとても面白い機材で、XLR(キャノン)以外に
RCAで繋ぐこともできます。
RCAで繋ぐとき、
ステレオRCAをどちらか一本のA3Xに繋ぎ、
そのA3Xからもう一本のA3XにモノラルRCAを突っ込むことで
片方のスピーカーボリュームで二本のスピーカーボリュームを
コントロールできてしまうのです!!
これがかなり便利。
現代ならではのスモールスペース制作環境に
向いてますね♪
ステレオRCAが差してあるA3Xの電源を切ると
フェードインアウトすような感じで小さめのノイズ音が
もう一本のA3Xにのってしまうので、
モノラルRCAを差したほうを先に切ってから
ステレオRCAが差さっているA3Xを切るということになります。
さてA3X、やはり100Vでは性能が発揮しきれないような
サウンドに聴こえました。

アップトランスを使うことで張りのある音に♪
ここはA7Xと全く同じ傾向ですね。
A3Xの音はかなり迫力があるというか、
MSP5より一回り小さいながら、
音像の広さ、繊細さ、芯の太さがとてもしっかりしている。
さらに見た目のボディとは裏腹に音量もかなり出ます。
付属の制振ゴムをつけてスピーカースタンドに置く形で
ある程度しっかり音が鳴ってくれました♪


AT6099はMSP5では良い感じですが、
ADAM Aシリーズでは音がボワンとしてしまい
うまく鳴ってくれなくなります。
A7Xより気持ち賑やかな雰囲気でしょうか。
そんな印象です。

ADAMから小型スピーカー用に
デスクトップスタンド がでていまして、
これを使ったときのサウンドが気になります。
Aシリーズは
部屋のサイズで選ぶ形でうまくいきそうな感じです。
ちょっと高くなってしまったのは残念ですが
とても良いスピーカーだと思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です