音楽業界におけるCD-Rの利用の仕方

太陽誘電というメーカーさんはご存知でしょうか?
CDやDVDなどメディアを作っているメーカーさんです。
音楽業界とはまぁまぁ切っても切れないメーカーさんで、
まれにライブハウスでは太陽誘電のCD-Rを利用してくださいとか書いてあるんですよ!?
だがしかし!
時代の流れはすごい早くて、もう一般の方々にとってCD-Rは過去のもの。
スマホがあれば済む時代が完全到来中なのです。
さっきもライブハウスでついにMP3とかiphoneで再生の項目がセトリにあったりビビりました。
でもでも。
まだ出演側とライブハウス側にとってCDはデフォ感が続いてます。
(もちろん最近の出演者も普段はスマホ使いで・・・)
そんな時代。
当然、太陽誘電さんも今年の頭、ついにディスク生産を終了してしまったのです。
今販売されているものは在庫。
これがなくなったら他のメーカーでしょってなるのもわかるんだけれど
ニッチ産業として残らないものかなと思ったり。
さすがにCD-Rは工場規模的にニッチでも無理なのかな?
というわけでCD-Rを大量買いしなければならないという。
当日のライブの曲順でCD作ってくださいとかになると
そのディスクはその日だけのディスクになるんですよ。
そうやってリユースもできないディスクがあるので音楽をする側って結構CD-R使うんです。
というかメディアを未だ扱い続けるという。DVDとかブルーレイとか。
聞き手は絶対Youtubeとかなのもわかります。
やっぱファングッズとして残るものにお金を使いたいという心理ですよね。
なるようにしかならないだろうけれど、ちょっと不安なメディア事情。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です