新年ご挨拶と音楽

あけましておめでとうございます。
今年も頑張って行きますのでよろしくお願い致します。m(__)m
さて、年末年始は掃除三昧、食い三昧で
ある意味疲れました。(^_^;A
大きな忘年会が終わり、今月は新年会。
色々と慌ただしい一月です!
さてさて、この時期といえばNAMMショー開催ですね♪
今年はどんな機材が発売されるのか?
楽しみ楽しみ♪
それではちょいちょいと音楽機材情報を♪
・Logic Pro X 年末バージョンアップ
ようやくピアノロールにリンクボタンが復活。
遅い(^_^;A
これでピアノロール眺めながらギター弾ける♪
複数トラック選択したときにリージョンの中身を
ピアノロールに表示できるので、あとは
表示した中から特定のトラックだけ表示したい
ときの機能が復活すれば…。
EQのGUIが変化、今風になったともいえるのだけど
見難いような気も?
LやRにだけEQかけたりできるとか地味に凄い。
・Sylenth1
2014年に64bit化されるという…。
延期されないといいなぁ。
・Cubase7.5


Cubase7.5昨年暮れに来ましたねー。(>_<)
7をもっと改良してほしかったという。
Groove Agent SE 4: ドラムキット追加によりさらにクリエイティブなビート作成
HALion Sonic SE 2: 新シンセとサウンドを追加
Instrument (T)rack 2.0: VSTi トラックとラック間の完全同期
EDM Toolbox: 制作キット
LoopMash FX: DJエフェクトをリアルタイムにトラックに適用
REVelation: 高性能アルゴリズムリバーブ
Magneto II: テープシミュレーター
トラックバージョン: 複数のトラックバージョンを並行して作成、管理可能
トラック表示: プロジェクトウィンドウで表示したいトラックを選択可
ヒットポイントナビゲーション: 自動ヒットポイント解析、プロジェクトウィンドウ内でのヒットポイント移動が可能
Magneto とかCubaseユーザーとしては懐かしすぎるよ!!!(笑)
MagnetoはCubase VSTシリーズ時代についてきたエフェクトなんですよね。
このままだと当時のをすべて復活させてくるのかな?
いろいろ進化している部分があるCubase。
今度こそ使い易くなってくれていることを祈るばかり。
・SONAR X3

・大切なお知らせとやら。
Rolandより
Cakewalk ソフトウェアに関するご質問およびユーザー・サポート終了のお知らせ
 電 話:1月10日(金)17:30 着信までで受付終了
 メール:1月10日(金)16:59 お客様から発信分までで受付終了
かなり切ないですよ。(T-T)
SONAR本当応援してます!!
TASCAM、まだWEB更新されてないですね。大々的にくる事を願いたい。
Rolandは・・・尖ったハードシンセかJV、XVのソフトシンセ化を…。
・MOTU 828x
Thunderbolt technology対応
USEB2.0接続(3.0対応)
28in 30 output
スタジオクオリティ高品位マイクプリアンプ
オンボードDSPデジタルミキサー CueMix
スタンドアロンでプログラマブルミキサーとしても使用可能
来ましたねー。(>_<)
サンボル対応。
いよいよオーディオインターフェイス新時代来るか?!
Apolloあたりでもそんなブログ記事を書いていた記憶がありますが。

何気に浸透していないような?
TB端子がWindowsに搭載されるのかも気になりますね。
普通に考えるとTBじゃなくてUSB3で良いという感じになりそうな。(^_^;A
さて、今年はWAVESがどうなるのか!?
ついにUADもAAX対応となり、
ネイティブ VS DSP
はさることながら
スタジオスタンダードがどう変化していくのか気になります。
Protoolsは…11導入が分岐点すぎて手が出せません…。
Mac Pro新型も合わせて様子見の予感。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です