ハイエースワゴンDXをタレント活動のため送迎車にする車グッズとオプション装備をつけた


さてさて、ハイエースのお話は尽きないわけだけど
今回は納車後電装品の取り付けや純正オプションのお話。(笑)
まずタレント送迎車として利用するにあたり気になるのが
夜の車内の暗さ。
エクステリアとして
純正オプションのLEDインテリアイルミネーション(16200円)は
なんとバンのみの設定!!
送迎車の足元真っ暗ですよ!?
とまぁ、意味のわからない設定にびっくりしながら
オートバックスに向かうことに。


いろんなのありますが、
前2席のフットランプと後席3列をやんわり照らすことが目的。
結論からだと後席3mほど伸ばせるタイプがオススメ。
2mは綺麗に配線這わせると足りないですよー。(ー ー;)
そこ基準で選ぶと案外ないない。
ハイエース専門店ならあるんだろうか?
まぁ、急いでいたので気にせず。
LEDユニットは4つついてればなんとかOK。
前席2つ、後席一列目ひとつ、後席二列目ひとつ。
LEDってかなり明るいんですよね。
なので照度コントロールできるやつか
オンオフできるやつがオススメ。
この配置でバッチリ車内足元が見えるように。
むしろ明るすぎるのでオンオフ機能は必須。
ハイエースワゴンDXはほんとシンプルで
ゴム形状のシートの下はすぐ鉄板だったり。
ゴム形状シートの合わせ目に配線を入れてやれば
後列はうまくいく。
問題は運転席と助手席の間だろうか。
構造的に真ん中に追加シガーソケットユニットや操作ユニットを置きやすい。
がしかし、ゴム形状シートの下を這わせるには相当な手間がかかりそう。
なので、ここは非純正フロアマットを置いてテープで貼り付けた。
ウォークスルーできるので配線そのまんまじゃ見た目もさることながら
ひっかけてしまいそうだからね。
シガーソケット増設は
まさに下記写真のものを取り付けた。

なんで商品の参考写真がインサイト取り付け例なのか。(笑)
しかもあんなところにつけたら・・・。
まぁおいておき、これを前席センター足元の奥まったところに固定配置。
トグルスイッチはオンオフがわかるようブルーLEDがつくのだが
これが眩しすぎる罠。
運転中目に入っても気にならない角度に調整して取り付け。
基本この装置のオンオフ機能でLED照明を作動させている。
ぶっちゃけ走行中の車内LEDは眩しすぎる。
なので乗り込むとき、停車中車内で待っているときのみなんだな。
このトグルタイプ、スイッチとシガーソケットがセパレートされているので
いろいろと配置応用がきく。
とはいえ、セパレートされてるがゆえ、ケーブルが一本多いわけで。
側面両方、後ろにケーブルを固定できるようになっているのが救い。
そして、今の送迎車にかかせないのがUSBポートからの充電。

DVDプレーヤーやTVではないんですよね。
時代はスマホ。
なのでいつでもタレントが充電を切らせないよう配慮が必要。
でUSB端子となるわけです。
これがまた探すの大変で。
USB X 2+シガーソケット1+セパレートUSB X 2で後部座席まで
届くかなりレア?なものをなんとか探し出しました。
これを2列目、3列目右に設置して完成。
10人乗りなので全員分だと10ポートいるわけですが、
流石にそこまでは・・・。
今回は4ポートでギブ。
純正でもUSBポートは増やせるものの、
1ポートのみでダッシュボード内なんですよね。
そして、空気。
これはもう笑ってくださいとしか。
胡散臭さとか置いておき、純正プラズマクラスターイオン空気清浄機は
41040円+工賃(8000円〜かな?)。
高い。

とりあえずデンソーのプラズマクラスターを置いておきました。
10人乗ってたら空気気になりますもん・・・。
あとはデンソーのプラズマクラスターで1カップ分のドリンクホルダーを
使用してしまうのでこれをなんとかしたい。
スライドドア部分にもドリンクホルダーはあるのだけど
タレントに何かあってはならないのでスライドドアに近づかせたくないんだよね。
というわけで自分で取り付けた電装品はこんなところ。
ほかには・・・
・カーテン

お着替え用に必要な遮光カーテン。
これはね、なんと現行ハイエースワゴンには純正設定がないのだとか。
このとき担当してくれた担当ではない営業マンさんが芸能に強い方で
強引にサンゲツさんに専用カーテンとカーテンレール取り付けを依頼してくれたんだ。
おかげで良い生地。(笑)
だがしかし!
これのせいで納車が3週間ズレた・・・・・・。
サンゲツさんの工場に持って行ってつけたらしい。
・プライバシーガラス

これはね、DXにプライバシーガラスがなくてね。
最初カーテンあるからいいかと思ったけど、
カーテンしっぱなしって状況は意外とないのではと
発注後気付いたんですよね。(遅)
純正品でIRカットフィルムが32400円+1.8H(20000万以内)で設定されていたので
これを急遽頼んだという。
おかげで純正の緑っぽい紫外線カットガラスに赤外線カット効果がつきました。(笑)
純正品は結構暗くなりますよー。
通常のプライバシーガラスより少し濃い気がする。
プライバシーガラスにこれ貼ったらさらに暗くなるんだろうなぁ・・・。
・全座席フルシートカバー


※純正品で全座席はない
写真のは全席分。洗えるファブリックタイプのがいいかな?
とにかく人は飲み物や食べ物をこぼすんだ。
それが自家用車ならともかく、タレント様じゃあね。
現在もっとも欲しいもので検討中。
・運転席アームレスト
センターコンソールの高さがほどよいのでいらないような。
ただセンターコンソール離れすぎているんだよね・・・。

純正品は11880円なり。
サード製のがいいかなぁ?
一体感あるタイプでワゴン対応は意外と選択肢少ないんだよなぁ。
※写真のはワゴン対応でお値打ち価格(笑)
・フォグランプ

純正フォグがお安い?
23544円+工賃4500円くらいかな。これはつけてもらった。
ビビりなもんでマイカーでは夜間の真っ暗な道に利用してる。
最初は純粋に真っ暗な道で役立つだろうと思ってたんだけど
あまりに純正HIDヘッドランプが明るすぎるんだよ。
ぶっちゃけ夜にぎりぎり前付けするときに真下路面を照らしてくれる役割として
フォグ利用してる。普段オフ。
・オートアラーム

これは必須。
ぜひ純正で。
純正ナビと連動すれば車両状態をメールで伝えてくれたり
通報してくれたりするんだぜ?
すごい時代だ。
ただし、それでも盗られるときは盗られるらしい。
ハイエースの闇。
だいたいこんなところだろうか。
ひとつわかったこと。
この車、手を加えるのが楽しすぎる!!(´∀`)
さて、今回はこれくらいで。
USBやLED照明はとにかく4列あるため、長めのコードを選ぼう。
これがポイントだ!
そして、購入時にケチらずGLにしておくべき。(笑)
コストは抑えられるけど多分いろいろ手っ取り早いよ・・・。
たかだか送迎。されど送迎こそ長時間ドライブを覚悟する必要あり!
ここがポイントだなぁ。
いかに車内が快適で乗り心地がよくなるのか。
そこに手間をかける時間は仕事上もったいないともいえるのだ。
次回はメーカーオプションを含めたハイエースそのものに
迫ってみようと思う。
お楽しみに♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です